踏切でパトカー一時立ち往生 龍ケ崎

©株式会社茨城新聞社

30日午後6時20分ごろ、龍ケ崎市川原代町の関東鉄道竜ケ崎線馴馬県道踏切で、竜ケ崎署地域課の男性署員(55)が運転するパトカーが縁石に乗り上げ、一時、立ち往生した。踏切は竜ケ崎駅から約500メートル。署員らが踏切に向かってきた列車(乗客31人)に手を振り、同列車は止まった。同列車は現場に約3分停止。けが人はいなかった。