河川敷に高3女子生徒の遺体 父親も首にけが 水戸

©株式会社茨城新聞社

11月30日午後9時10分ごろ、水戸市下大野町の那珂川河川敷で、同市、高校3年、女子生徒(18)が倒れているのを近所の男性が見つけた。

水戸署によると、女子生徒はすでに死亡していた。また、近くでこの女子生徒の父親(48)が首に切り傷がある状態で倒れているのが見つかった。同署は女子生徒の死因を調べるとともに、関連もあると見て父親から事情を聴く方針。