建設事業無災害表彰 西松建設支店に伝達

室蘭労基署

©株式会社室蘭民報社

山﨑署長から表彰状を受け取る中陳作業所長(右)

 2018年度(平成30年度)建設事業無災害表彰の伝達式が11月30日、室蘭市入江町の室蘭労働基準監督署で行われた。ホテルルートインGrand室蘭(中島町)の新築工事で無災害を達成した西松建設札幌支店の作業所(中陳将巳所長)に表彰状が贈られた。

 厚生労働省労働基準局長名の表彰で、同労基署管内では本年度3件目の受賞。同作業所は昨年9月~今年9月の工期で同ホテルを新築。声掛け運動や熱中症対策、職長会を結成し、安全衛生活動に取り組んだ結果、全工期を通じ業務上の休業災害がなかった。延べ労働者は1万5236人、延べ労働時間は13万7124時間。

 同労基署を訪れ、山﨑陽子署長から表彰状を受け取った中陳所長は「働きやすい職場づくりに向け、危険の芽を摘み取る各種活動をしてきた」と取り組みを説明。山﨑署長は「地道な努力と一層の工夫が無災害につながった」と評価した。
(粟島暁浩)