児相、虐待防止に「介入」強化

厚労省WG、年内にも報告書

©一般社団法人共同通信社

 児童虐待の防止に向け、児童相談所(児相)の業務の在り方を検討している厚生労働省の社会保障審議会ワーキンググループが、子どもを保護者から引き離して保護する「介入」の機能を強化する方向で報告書素案の調整に入ったことが1日、関係者への取材で分かった。7日の会合で公表し、年内にも報告書を取りまとめる。

 児相には、介入のほか、子どもや家庭に寄り添う「支援」の業務がある。3月に東京都目黒区で両親から虐待を受けていた船戸結愛ちゃん=当時(5)=が死亡した事件では、児相職員が、保護者との関係構築などを重視するあまり、安全確認に踏み込めなかったと指摘されていた。