中国四国学生駅伝あす号砲 広経大7連覇なるか

©株式会社中国新聞社

 第62回中国四国学生駅伝(中国四国学生陸上競技連盟、中国新聞社主催)が2日、山口市である。昨年に比べ1校多い19校に、オープン参加を含む計27チームが6区間53・5キロでたすきをつなぐ。今大会から最優秀選手に贈る東川賞を新設した。

 広経大はエース木邑駿を軸に7連覇を狙う。広島大、環太平洋大も層の厚さで引けを取らず、三つどもえの競り合いになりそうだ。山口大は急成長した横山裕介の力走に期待がかかる。

 午前9時に山口市中央の市民会館前をスタート。県道宮野大歳線を北東に進んだ後、国道262号を南下。県道山口鹿野線に入って仁保下郷の仁保川周辺を周回し、仁保上郷で折り返す。大内長野のやまぐちリフレッシュパークでゴールする。

 開会式は1日午後3時、同市大手町の県教育会館である。

<中国四国学生駅伝コース> かっこ内は先頭通過予定時刻
1区8.9キロ 山口市民会館前(9:00)―防長バス深野バス停前(9:25)
2区8.6キロ 防長バス深野バス停前―仁保川周回―防長バス深野バス停前(9:50)
3区12.5キロ 防長バス深野バス停前―仁保上郷地区折り返し―大富公民館前(10:30)
4区7.0キロ 大富公民館前―県警自動車修理工場前(10:50)
5区6.0キロ 県警自動車修理工場前―防長バス深野バス停前(11:10)
6区10.5キロ 防長バス深野バス停前―仁保川周回―やまぐちリフレッシュパーク(11:42)