阪神・糸原選手が一日警察署長

兵庫、交通安全呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

兵庫県警甲子園署の一日署長を務めるプロ野球阪神の糸原健斗選手=1日

 プロ野球阪神の糸原健斗選手(26)が1日、兵庫県警甲子園署の一日署長を務め、交通安全や飲酒運転撲滅を呼び掛けた。交通事故防止など年末特別警戒活動の一環。

 同県西宮市の阪神甲子園球場前で開かれた出動式に、警察官の制服に身を包んで登場。署員を激励した後、〇×形式で事故防止法を紹介する子ども向けのイベントに参加した。「後ろを確かめて車から降りました」と糸原選手が話すと、子どもたちが一斉に〇を示す右手を挙げた。

 糸原選手はその後、近くのショッピングセンターでもあいさつ。「けがをすると阪神の応援ができなくなります」と呼び掛け、会場の笑いを誘った。