サガン鳥栖 来季のJ1残留が決定!トーレス「来季も鳥栖でプレーしたい」

©株式会社愛幸

12月1日(土)、J1第34節が行われ、サガン鳥栖はアウェイで鹿島アントラーズと対戦し、0-0の引き分けに終わった。14位湘南と16位名古屋の試合は引き分けで勝ち点1ずつとなり、鳥栖は14位でシーズンを終えて、来季のJ1残留を決めた。

トーレス「来季も鳥栖でプレーしたい」

12月1日(土)に行われたJ1第34節。33節終了時点で15位だったサガン鳥栖はアウェイで鹿島アントラーズと0-0で引き分けた。この結果、他会場の試合結果により、来季のJ1残留が決定した。

鳥栖に所属する元スペイン代表のフェルナンド・トーレスは試合後にTwitterを更新し、「任務達成!今日は皆の努力が良い結果になった」と残留に満足している様子を伺わせる投稿をした。

また、同選手は試合後に「サガン鳥栖が大好き」とクラブへの愛を語り、来季もクラブに残留することをほのめかす発言もしている。

同日、元スペイン代表でトーレスとも共にプレーしたダビド・ビジャの神戸加入も発表されている。

来季のJ1でイニエスタ、ビジャ、トレースと3人のスペインのスター選手がプレーすることになりそうだ。