米朝再会談は1月か2月

候補地3カ所とトランプ氏

©一般社団法人共同通信社

ポンペオ米国務長官(ロイター=共同)

 【ブエノスアイレス共同】トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との再会談が1月か2月に開かれる可能性があると述べ、候補地として3カ所を検討していると明らかにした。金氏をいずれかの時期に米国に招待する考えも示した。1日閉幕の20カ国・地域(G20)首脳会合に出席後、米国に戻る大統領専用機中で記者団に語った。AP通信などが報じた。

 ポンペオ米国務長官も1日、CNNテレビのインタビューで、再会談について「近いうちにあると期待している。年明けすぐにあると思う」と述べた。実現すれば、核・ミサイル計画の申告や関連施設への査察で合意できるかが焦点になる。