写真で振り返る、アロンソ最後の4日間(前編):サマーチェアでの撮影に応じる機嫌のよさ

©株式会社サンズ

 2019年はF1でレースをしないことを表明しているフェルナンド・アロンソ。『引退』という言葉こそ使用していないが、2020年にF1に復帰する可能性は高くはない。そうなれば、このアブダビGPがアロンソのF1ラストレースとなる。

 そして、もしアロンソが来年以降、インディ500を制すれば、史上2人目のトリプルクラウンドライバーとなり伝説のドライバーになるだろう。そんなアロンソの最後のF1となったアブダビGPの4日間を写真で綴ってみたい。

▼木曜日

最後のFIA木曜会見――ドライバーが全員そろうまで会見場の外で待つアロンソ。窓の外を見つめ、何を思う。

最後の同席――会見で隣の席に座ったのは、かつての僚友であり、ライバルだったルイス・ハミルトン(メルセデス)。マイクが向けられていないとき、ふたりはなんども肩を寄せ合って内緒話をしていた。

▼金曜

最後のスタート練習――ヤス・マリーナ・サーキットはピットの出口がトンネルになっているため、フリー走行後に本コースのグリッド上でスタート練習を1回のみ行うことが許可されている。金曜日のフリー走行2回目を終了した直後にアロンソが着いたグリッドは4番グリッドだった。

▼土曜

最後のMeet the Team――マクラーレンが長年行なってきた予選後の合同会見の“Meet the Team”。会見が満席なることは珍しくないが、いつも以上にスペイン・メディアが集結。写真に写っているだけでも前方に3人がいる。

最後のパーティ―― リバティメディアが企画した「アロンソ、さよならパーティ」

最後の舞台あいさつ――20:25に舞台に登壇してスピーチするアロンソ。しかし、ワイヤレスマイクのトラブルで会話が途切れ途切れに。慌てるスタッフたち、と、ここでアロンソが「問題ないさ。こういうことはいままで何度もあったからね」と機転を利かしたコメントで急場をしのいだ。さらに「僕はみんなが思うよりもシャイだから、早く帰りたい」と言って、会場を爆笑させていた。

最後の抱擁――パーティを企画したリバティメディアのチェイス・ケアリー(F1会長兼CEO)と抱擁。その後、ショーン・ブラッチス(マネージングディレクター兼コマーシャルオペレーター)からも祝福を受ける。

最後のプレゼント――全ドライバー、F1関係者のサインの入ったボードを受け取るアロンソ。

最後のサマーチェア――2015年のブラジルGPの予選でエンジンブロウした際にコース脇にあったオフィシャルが使用していたイスに座って日光浴して話題を集めたアロンソ。パーティの締めくくりに設定されていたフォトセッションでは、そのイスが用意されていた。

最後の土曜日――パーティを終えたアロンソは家族(アロンソの前にいるのは姉のロレーナの子供。右はスペイン人の元F1ドライバーのマルク・ジェネ)とともにホテルへ。