1―2黒星で閉幕 FC琉球 明治安田J3リーグ最終節

©株式会社琉球新報社

 サッカー明治安田J3の最終節、J2昇格と優勝を決めているFC琉球は2日、富山県立総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦し、1―2で敗北した。惜しくもリーグを白星で締めくくれなかった。琉球のリーグ通算成績は、20勝6分け6敗で勝ち点は66。

 富山の前線への強いプレスに攻めあぐねた琉球。前半43分、富山に先制を許した。しかし風上に立った後半は徐々にパスがつながるようになり、33分に増谷幸祐がコーナーキックを押し込んで同点に。その後は両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなかゴールは決まらない。ロスタイムで富山に決勝点を許し、残念な結果となった【琉球新報電子版】