早大、関学大が甲子園ボウルへ

アメフットの全日本大学選手権

©一般社団法人共同通信社

早大―東北大 第2クオーター、突進する早大RB・片岡(右)=調布市アミノバイタルフィールド

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権第6日は2日、東京・調布市アミノバイタルフィールドなどで決勝の甲子園ボウル(16日)出場を争う東西の代表決定戦が行われ、東日本は早大(関東)、西日本は関学大(関西1位)が制した。

 73回目を迎える甲子園ボウルへの出場は早大が2年ぶり5度目、関学大は3年連続52度目。両校の顔合わせは関学大が勝った第71回以来となる。

 早大はRB片岡らの強力なラン攻撃で東北大(東北)に55―14で快勝。関学大は立命大(関西2位)の好守に苦しんだが、2点を追う試合終盤の攻撃でQB奥野の好パスから最後に逆転FGを決め、20―19で勝った。

関学大―立命大 第2クオーター、パスを出す関学大QB・奥野(左)=万博