【スイートポテト簡単レシピ】子どもにも安心して食べさせられる手作りおやつ

©日本食糧新聞社

愛知県在住のナチュラルフードコーディネーター・柿桃まいみぃです。今回はレンジとトースターで出来るスイートポテトの簡単レシピをご紹介します。
さつまいもの美味しい季節がやってきましたね。子どものおやつには焼き色や蒸かし芋にして食べさせられる自然のおやつで、安心して食べさせられるというママも多いのではないでしょうか。甘くて濃厚で、子どもも大好きな味ですよね。
でもやっぱり、さつまいももたまにはスイーツにして食べさせたい。そんな時におすすめしたい、秋にはやっぱり人気のスイートポテト。あっという間に出来上がる簡単レシピです!

レンジとトースターを使えば簡単!

スイートポテトは、材料のほとんどがさつまいも。なので、素材の良さや安心感はそのままに、なるべく控えたい砂糖の代わりには甘酒を使います。甘酒を使うことでしっとりとした優しい甘みになります。さらにバターの代わりにココナッツオイル、牛乳は豆乳を使います。

さつまいもの濃厚さや、食べ終わった後は満足感もあるのに、体に負担なく食べられますよ!

【材料】(小サイズ12個分)
さつまいも 中1本
甘酒 大さじ2
ココナッツオイル 大さじ1
豆乳 小さじ1〜3
シナモン 適量
卵黄 1個分

さつまいも本来の美味しさを楽しめるよう、からだにやさしいナチュラルな材料を使います

【作り方】
1.さつまいもは細かく切ってレンジで2~5分ほど加熱する。個体によって様子を見て下さい。目安は、串を刺してすっと通るくらい柔らかくなるまで。

2.柔らかくなったさつまいもに、甘酒、ココナッツオイル、シナモンを混ぜ、豆乳を少しずつ加えながら混ぜていく。ここでの味が出来上がりの味となるので、味見をして足りないものはお好みで足す。

豆乳は全体がもったりとするまでで大丈夫。

3.形を整える。ここでの固さが出来上がりとなるので、ポイントはぎゅっと形作ること。ふわっとやわらかいと、出来上がりも柔らかめに。

定番のさつまいもの形の他、丸や四角でもOKですよ。

4.溶いた卵黄を表面に塗って、トースターで5分ほど焼く。

きれいな焼き色がついたら出来上がり!

スイートポテトのアレンジ簡単レシピ

今回ご紹介したスイートポテトに、いろいろな素材を加えると幅広く楽しめるので、ぜひいろいろと試してくださいね。

<レーズンやくるみなどのナッツ類などを加える>

さつまいもとレーズンやナッツはとても合います。味はもちろん、ほくほくとした食感とナッツのカリカリとした食感が合いますよ。ゴマもおすすめ。

適量を材料に入れ込んだり、トッピングにしたり、または材料に加え、さらにトッピングに同じものをのせたら、何が入っているかの目印にも。

他にはブランデーやラムを少し加えれば大人なスイートポテトに。あればバニラエッセンスを加えても。

<アイスクリームと一緒に食べる>

焼き立てのスイートポテトに、冷たいアイスクリームをのせて。熱々と冷たいのが一緒に楽しめる、簡単レシピのデザートになります。

和スイーツのように、あずきや白玉と一緒に食べてもとっても美味しい!

<ひと口サイズにする>

作るときにひと口サイズにすると食べやすくなり、小さなお子さまにもおすすめです。また小さなカップケーキ型に入れて焼けば見た目にもかわいくなり、プレゼントしたい時やパーティの時にもおすすめ。

定番の形をそのままミニサイズに作ってもかわいらしいですよ。

焼きあがった熱々のスイートポテトをそのまま食べるのはもちろんですが、冷蔵庫で冷やして食べるスイートポテトも美味しいです。余った場合はラップに包んで冷凍保存もできるのでたくさん作っておやつにストックしておいてもいいですね。

手づくりならではのやさしいスイートポテトを楽しんでくださいね。