巨人中島と“再戦”を心待ちにするオリベテラン捕手 「お互い1軍にいれば」

©株式会社Creative2

中島のグラブを片手に、トレーニングに励むオリックス・山崎勝己【写真:橋本健吾】

巨人に移籍した中島とオリックス山崎勝は地元が一緒の幼馴染

 プロ野球はオフシーズン真っただ中。各選手たちは自主トレ、契約更改など来季に向けすでに動きだしている。オリックスのベテラン捕手も球団施設で汗を流していた。見慣れないグラブを片手に……。

 現在、36歳の山崎勝己は来シーズンは野手最年長で現役19年目をスタートすることになる。小谷野栄一内野手が現役を引退、同い年の中島宏之内野手は巨人に移籍することになった。「内外野と比べると捕手は少し特別なポジションですが、少し寂しい気持ちもある」。トレーニングを終えたベテラン捕手は寂しそうに口にした。

 秋季キャンプを免除されたが体を休めることなくトレーニングを続けている。普段と1つだけ違うところは、キャッチャーミットではなく内野用のグラブを使用していることだ。「記念にもらったんですよ。形見として」と笑いながら見せてくれたのは、黒を基調とし「Nakajima」と刺繍されたグラブだった。

 山崎勝と中島は地元が一緒の幼馴染。小学校時代はバッテリーを組み、高校は山崎勝が報徳学園、中島は伊丹北に進学し共に甲子園を目指した。その後はダイエー、西武と2人とも高卒でプロ入り。オフには自主トレを一緒に行うなどプライベートでも親交は続いた。

中島が日本球界復帰を決めた理由の1つは「何回も電話があったから」

 中島が日本球界復帰を決めた2014年オフ。阪神、西武、オリックスの争奪戦となったが「勝己から『一緒にやろや』と何回も電話あったから。また、同じチームで野球ができるのは楽しみやね」と、中島はオリックス入りを決めた理由の1つとして山崎勝の存在を挙げていた。

 2人が同じチームでプレーした期間は2015年から2018年の4年間。その間、チームは5、6、4、4位と全てBクラスに終わった。ダイエー、ソフトバンクで日本一を経験した山崎勝、そして、西武では黄金期の中心選手として数々のタイトルを獲得した中島。2人が同時に歓喜の瞬間を味わうことは叶わなかった。

 初のセ・リーグへ移る“親友”に向け山崎勝は「どこのチーム、環境が変わってもヒロ(中島)は自分の野球をやるから心配なんかしてない。次はまた、敵として交流戦で対戦することになるかな。お互いが1軍にいればの話ですけどね」と再戦を心待ちにしている。

 2人は来季37歳を迎えるシーズンに挑む。年齢からいっても1年、1年が勝負になる。「どっちが先にユニホームを脱ぐか、ある意味、楽しみ。また、いつか一緒のチームでできたら最高ですけど。僕は必死にしがみついてやるだけですね」。2019年6月18日からオリックスは巨人と3連戦を戦う。交流戦で再び交わる2人の対戦に注目したい。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)