立命大が逃げ切り連覇 京都学生駅伝

©株式会社京都新聞社

1位でゴールする立命大のアンカー森(京産大第1駐輪場前)

 第85回京都学生駅伝(関西学生陸上競技連盟、京都新聞主催)が2日、京都市左京区の北大路橋東側河川敷から北区の京産大第1駐輪場前までの6区間40・4キロで行われ、立命大が2時間39秒で2年連続30度目の優勝を飾った。京産大は9秒差で2位。龍大が3位に食い込んだ。

 立命大は1区で小岩(4年、智弁学園)がトップに立ち、その後も全区間を1位で通過。最後は6区の森(4年、鳥栖)が逃げ切った。京産大は3位でたすきを受けた3区の上坂(4年、比叡山)が順位を一つ押し上げ、アンカーの西川(4年、滋賀学園)が区間賞の力走で先頭に迫ったが及ばなかった。

 レースには、京滋の10大学とオープンの6チームが出場した。