ランニング桜島 降灰の中、4520人溶岩道を疾走

©株式会社南日本新聞社

 明治維新150周年記念第39回ランニング桜島(鹿児島市、南日本新聞社など主催、NTT西日本特別協賛)は2日、鹿児島市の桜島溶岩ランニングコースであった。5キロ、10キロ、ハーフマラソンの3コースに計4520人がエントリーし、桜島を駆け抜けた。
 NHK大河ドラマ「西郷どん」のテーマを聞きながらスタート。降灰もある中で、雄大な景色を楽しみながら汗を流した。

一斉にスタートする10キロコースの参加者=鹿児島市桜島横山町