日本一の大熊手、大破魔矢【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

高さ12メートルの大熊手に清め払いをする禰宜=2日、大分市

 新年を前に、日本一の大きさを誇るという大熊手と大破魔矢が2日、大分市牧の県護国神社(八坂秀史宮司)にお目見えした。

 熊手は高さ12メートル、重さ5・1トン。破魔矢は高さ18・8メートル、重さ1・8トン。参拝客が見守る中、大型クレーンで慎重につり上げて境内に設置し、高所作業車に乗った禰宜(ねぎ)が清め払いをした。

 破魔矢の絵馬に来年のえと「亥(い)」を描いた安部花音ちゃん(5)=大分市豊饒=は来春、新入学児童になる。「どれも大きくてびっくり。勉強を頑張ることができるようお願いするつもり」と笑顔。

 八坂宮司は「大きな縁起物に大きな願いをかけてみては」と話した。

 境内には九州最大級の大絵馬(高さ4・5メートル、幅5メートル)も飾っている。大絵馬は来年3月まで、熊手と破魔矢は台風シーズン前まで設置する。