大川村長「兼業条例」の検討表明

議員なり手確保へ、高知

©一般社団法人共同通信社

高知県大川村の議会が開会し、条例制定の検討入りを表明する和田知士村長=3日午前

 議員のなり手不足から議会に代わる「村総会」設置を一時検討した高知県大川村で3日、村議会が開会した。和田知士村長が、議員と団体役員などとの兼業制限を緩和する条例制定に関し「独自の条例のたたき台を(議会側に)渡した」と述べ、検討入りを正式に表明した。

 地方自治法は、自治体から仕事を請け負う団体の役員らと地方議員との兼業を禁じているが、「請負」に当たる範囲は明確になっておらず、なり手確保の足かせになっているとされる。

 和田村長は「上位法との関係もある。議会で議論を深め、少ない有権者が立候補しやすい環境整備を検討してほしい」と議会側に要請した。