世界一に導いた車いすの名将

ケビン・オアー監督(ウィルチェアーラグビー)

©株式会社フジテレビジョン

米国やカナダのチームを育てた勝利の請負人。ウィルチェアーラグビー日本代表ケビン・オアー監督は、日本に新たな風を吹き込む車いすユーザーの名将だ。

17年2月監督就任。豊かな経験と知識、勝利への情熱を選手たちに注ぎ込み、チームの力を引き出しパワーアップさせた。18年8月、世界選手権初優勝。強豪国を相手に世界の頂点に立った。

巧みな戦術と指導力でチームを一つに束ねる。選手たちも全幅の信頼を寄せている。

「一番大切なのは“信じること”です。自分がやってきたこと、努力してきたこと、犠牲にしてきたこと、そのすべてに自信を持つこと。最初から出来ないとあきらめたら成功は手に入らない。それはスポーツも人生も同じだ」。

世界一の奇跡を起こした名将。「20年東京の金メダル。日本の力を信じている」。


ケビン・オアー監督(ウィルチェアーラグビー)

ケビン・オアー

1968年6月29日生まれ 50歳 米国出身

陸上選手として98年ソウルパラで2つの銅メダル。

その後ウィルチェアーラグビーの監督として米国やカナダを指導。米国は04年アテネで銅、カナダは12年ロンドン銀。

17年2月、日本代表監督就任。18年8月世界選手権初優勝。

PARA☆DO!
フジテレビパラスポーツ応援プロジェクト

PARA☆DO! ポータルサイト
Twitter
Facebook