大師線 産業道路駅、来年3月いよいよ地下化

©株式会社エキスプレス

川崎市 都市計画事業で2006年から京浜急行電鉄が工事に着手している「大師線連続立体交差事業」。

京急大師線 東門前~小島新田では、地下化切替工事を2019年3月2日営業運転終了後に実施。

この切替工事で、産業道路駅の上下線ホームが地下化され、産業道路第1踏切道を含む3か所の踏切が除却される。

また、同切替工事にあわせ、2019年3月3日の始発から10時ごろまで、京急大師線全線の列車を運休させる。

列車運休区間はバス代行輸送を実施。バス代行輸送の詳細は2019年2月上旬にアナウンスする。

さらに、2019年1月26日、1月27日には、地下化切替に先立ち、現場見学会を開催。応募方法など見学会の詳細については、川崎市ホームページへ。