10年ぶりリーグVの西武が行った戦力整理…8選手が戦力外、3選手が引退

©株式会社Creative2

西武・辻監督【写真:荒川祐史】

松井稼、藤原、坂田の3人が引退決断、高橋と與座は育成再契約

 10年ぶりにパ・リーグを制した2018年の西武。だが、日本シリーズ進出をかけて戦ったクライマックスシリーズ・ファイナルステージではパ・リーグ2位のソフトバンクに“下克上”を許して2勝4敗で敗退し、悲願の日本一には手が届かなかった。

 今オフ、FA権を行使した浅村栄斗内野手が楽天へ、炭谷銀仁朗が巨人へと移籍してしまった西武。ドラフトでは、1位で日体大の松本航投手、2位では浦和学院高の渡邉勇太朗投手ら7選手を指名した一方で、松井稼頭央外野手が現役を引退し、藤原良平投手や豊田拓矢投手ら8選手に戦力外通告を行った。

 藤原と坂田遼外野手はその後現役引退を決断、高橋朋己投手と與座海人投手は育成選手として再契約を結んだ。また新助っ人としてドジャースの右腕ザック・ニール投手の契約合意、ファビオ・カスティーヨ投手、郭俊麟投手の残留が決まっている。

 では、今オフに現役引退や戦力外などで西武を退団した選手の実績を以下で振り返ってみたい。

○松井稼頭央外野手(現役引退→西武2軍監督)
 NPB史上最高のスイッチヒッター。1993年のドラフト3位でPL学園から入団すると、2年目から1軍の戦力となり、3年目で不動の遊撃手に。1997年から3年連続盗塁王、1999年と2002年には最多安打のタイトルを獲得。1998年にはMVPに輝き、2002年にはトリプルスリーも達成した。2004年からMLBへ挑戦して7年プレーし、2011年に楽天で日本球界復帰。2013年に楽天初の日本一に貢献すると、今季15年ぶりに西武に復帰し、チームのリーグ優勝に貢献した。来季からは西武の2軍監督となる。

○藤原良平投手(戦力外→現役引退)
 今季が11年目。通算53試合4勝7敗0セーブ5ホールド、防御率4.85。2007年の大学生・社会人ドラフト3位で第一工大から入団。サイド右腕として2014年にキャリア最多となる20試合に登板したが、その後の3シーズンで7試合、10試合、8試合と登板機会は伸びず。今季は1軍登板なく、戦力外通告を受けて現役引退を決断した。

助っ人右腕はシーズン終了を待たずにウェーバー公示→退団

○玉村祐典投手(戦力外)
 今季が4年目の23歳。1軍登板なし。敦賀気比高卒業後、1年間は無所属となり、1年後の2014年のドラフト4位で入団した。最速150キロ前後の真っ直ぐを武器としたが、今季はイースタン・リーグで16試合に登板し0勝4敗0セーブ、防御率6.69に終わり、1軍登板を果たせぬまま、戦力外通告を受けた。

○豊田拓矢投手(戦力外)
 今季が5年目の31歳。通算45試合2勝2敗0セーブ0ホールド、防御率4.09。浦和学院高、上武大、社会人のTDKを経て2013年のドラフト3位で入団。1年目に34試合に投げて初勝利をマークしたが、その後は右肩の故障もあって出番は減少。今季は2年ぶりに1軍で2試合に登板したが、オフに戦力外となった。

○福倉健太郎投手(戦力外)
 今季が5年目の27歳。通算11試合0勝0敗0セーブ、防御率5.85。鹿屋中央高から第一工大を経て、2014年のドラフト7位で西武に入団。2015年に1軍デビューを果たすと、2017年にはキャリア最多となる10試合に登板した。だが、今季は1軍昇格はなし。イースタン・リーグでは40試合に投げたものの、戦力外となった。

○坂田遼外野手(戦力外→現役引退)
 今季が10年目。通算255試合735打数179安打21本塁打99打点、打率.244。横浜創学館高から函館大を経て、2008年のドラフト4位で西武に入団。ルーキーイヤーから1軍デビューにプロ初安打や初打点をマークし、2011年には71試合に出場した。左の代打としても起用されてきたが、今季は1軍出場なし。戦力外通告を受け、今季での現役引退を決断した。

○ニール・ワグナー投手(自由契約)
 メッツ傘下から今季、西武に入団した右腕。開幕からセットアッパーの座を任されたが、36試合に投げて2勝1敗1セーブ9ホールド、防御率4.22に終わり、夏場に登録を抹消。そのままシーズン終了を待たずにウェーバー公示され、退団が決まった。

○藤澤亨明捕手(戦力外)
 2012年に育成ドラフト1巡目で松本大から入団。2年目の7月に支配下選手契約となったが、1軍出場はなかった。今季はイースタン・リーグで63試合に出場。79打数11安打、打率.139に終わっていた。

○高橋朋己(戦力外→育成再契約)
○與座海人(戦力外→育成再契約)(Full-Count編集部)