日系外国人雇い止め「3千人」

シャープ亀山工場、労組が公表

©一般社団法人共同通信社

シャープ亀山工場で働いていた外国人が雇い止めされていた問題で、記者会見するシマズ・シズカさん(左)とスズキ・ファビオラさん(右)=3日午後、厚労省

 シャープ亀山工場(三重県)で働いていた多くの日系外国人が雇い止めされていた問題で、労働者の一部が加入する労働組合「ユニオンみえ」は3日、東京都内で記者会見し、雇い止めは3千人弱とみられると明らかにした。

 外国人労働者の受け入れ拡大を目指す政府は、人手不足を訴える企業側の意向を理由に挙げている。しかし、3千人もの雇い止め判明で、国会審議が続く入管難民法改正案への懸念は一層強まりそうだ。

 ユニオンみえの広岡法浄書記長らは「日系人でも不利益な立場で働かされている。法改正で受け入れる外国人も人権を奪われるのは明らか」と危機感を訴えた。