鷹グラシアル、中日ガルシア、阪神ドリスら…保留者名簿から外れた各球団の外国人選手

©株式会社Creative2

ソフトバンクのユリスベル・グラシアル【写真:荒川祐史】

保留者名簿から外れると自由契約となり他球団と交渉が可能に

 NPBが3日に公式ホームページ上で公示した12球団の契約保留者選手名簿。来季も契約を結ぶ予定としている選手リストで、各球団からNPBへの提出期限が11月30日となっていた。ここから外れた選手は自由契約となる。

 中日のオネルキ・ガルシア投手や西武のブライアン・ウルフ投手、ソフトバンクのユリスベル・グラシアル内野手、阪神のラファエル・ドリス投手らが保留者名簿から外れた。現在の所属球団との残留交渉も含め、全球団との交渉が可能となる自由契約となる。

 ここまで各球団からの退団が発表されておらず、保留者名簿から外れた助っ人選手は以下の通り。

西武
ブライアン・ウルフ投手

ソフトバンク
ユリスベル・グラシアル内野手

日本ハム
ニック・マルティネス投手
ブランドン・レアード内野手

オリックス
ドン・ローチ投手

ヤクルト
デーブ・ハフ投手
マット・カラシティー投手

中日
ディロン・ジー投手
オネルキ・ガルシア投手

阪神
ラファエル・ドリス投手(Full-Count編集部)