日本ハムが7選手と契約を更改 今季9本塁打の横尾は800万円増

©株式会社Creative2

契約更改に臨んだ横尾俊建【写真:石川加奈子】

鍵谷は700万円減、玉井は850万円増

 日本ハムは3日、札幌の球団事務所で7選手と来季の契約を更改した。年俸、今季成績、各選手のコメントは次の通り(金額は推定)。

○谷口雄也外野手(1500万円→1300万円)
6試合6打数0安打0本塁打0打点 打率.000
「自分のポジションにはたくさんの壁があり、そしてまた(新たに)入って来ると言われている選手もいるので。何とかそこに割って入って、1軍の戦力になる。ジグソーパズルの一つのピースになることを目指していきたいです」

○鍵谷陽平投手(5000万円→4300万円)
28試合0勝0敗0セーブ2ホールド 防御率4.28
「今年1年全くチームの力になれず、チームも3位という結果に終わったので、来年はチームの中心として。今年迷惑をかけた分、キャリアハイの数字を残したいと思いますし、60試合を超える登板数を投げたいと思います」

○藤岡貴裕投手(3400万円→2900万円)
4試合0勝2敗0セーブ0ホールド 防御率6.52
「トレードはびっくりしましたけど、すごくやりやすいチームでこのチームのために頑張ろうという気持ちになりました。栗山監督を胴上げできるように、少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思います」

○松本剛内野手(2270万円→2100万円)
54試合126打数28安打1本塁打9打点2盗塁 打率.222
「悔しさしかない1年だったというのが率直な思い。これだけ悔しい思いをしたので、来年はやり返してやりたいなと思っています。ポジションうんぬんよりも、打たないと勝負にならないので、とにかく打ってやろうと思っています」

○石井一成内野手(1740万円→1620万円)
69試合148打数28安打1本塁打4打点3盗塁 打率.189
「全てにおいてレベルアップしないとシーズンを通して戦えないと思うので、オフは体づくりと技術力向上を求めてやっていきたいです。来年はレギュラー獲ることしか考えていません。数字は後からついてくると思います」

○玉井大翔投手(1100万円→1950万円)
40試合2勝3敗0セーブ2ホールド 防御率4.13
「しっかり投げられれば、ある程度やれることは今年1年通じて感じたので、来年もしっかりやっていきたいです。ランナーを背負う場面で流れを変えるピッチングができれば。50試合登板は最低でも投げたいなと思います」

○横尾俊建内野手(1300万円→2100万円)
74試合193打数40安打9本塁打24打点 打率.207
「去年も手応えをつかんだと思いながら、このような悔しい結果になったので、もっともっと頑張らなきゃいけないという思いを持ちながら来年に臨みたいと思います。打撃の全て、飛距離も率も対応力も全部伸ばしていきたいです」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)