チケット転売規制法案が衆院通過

東京五輪見据え

©一般社団法人共同通信社

2016年9月の新聞に掲載されたチケットの高額転売に反対する意見広告。172組のアーティストが名を連ねた

 スポーツやコンサートの入場券の高額転売を規制する新たな法案が4日の衆院本会議で全会一致で可決され、衆院を通過した。参院審議を経て、今国会で成立する見通しだ。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、超党派議員連盟などが法案をまとめていた。

 近年、プロ野球のチケットなどが大量に買い占められ、インターネット上に高値で売りに出されるケースが相次ぎ、社会問題化していた。

 法案はこうしたネット上のダフ屋行為を規制。違反者には1年以下の懲役か100万円以下の罰金、または両方を科す。