和牛受精卵、中国に持ち込み

農水省が刑事告発へ

©一般社団法人共同通信社

日本から中国に持ち込まれた輸送容器の類似品(農林水産省動物検疫所提供)

 輸出が禁止されている和牛の受精卵が中国に持ち込まれたことが4日、分かった。精子の可能性もあるという。日本の検査をすり抜け、中国の税関が見つけて流出を防いだ。農林水産省は持ち出した人物の刑事告発に向け、手続きを進める方針だ。

 家畜伝染病予防法は和牛の受精卵や精子の輸出を禁じている。和牛は海外で人気が高く、日本にとって主な輸出農産品の一つ。受精卵などの流出は国内畜産業に脅威となる。

 農水省によると持ち出したのは自称大阪府の男性。今年、中国から帰国した際、経緯を自主的に申告して発覚した。男性は持ち出しが禁止されているとは知らず「知人に頼まれた」と説明した。