鷹・西田が600万円増の1800万円「ポストシーズンの活躍を評価してもらった」

©株式会社Creative2

契約更改に臨んだソフトバンク・西田哲朗【写真:藤浦一都】

来季も「与えられたポジションで勝利に貢献を」

 ソフトバンクの西田哲朗内野手が4日、球団事務所で契約更改を行い、600万円アップの推定1800万円でサインした(金額は推定)。

 昨年11月に山下斐紹捕手とのトレードで楽天から移籍してきた西田は、今季72試合に出場して打率.211、4本塁打、16打点の成績を残した。特に、ポストシーズンでは今宮健太内野手の故障や松田宣浩内野手の不調もあってスタメンとしても活躍。つなぐ打撃や貴重な先制スクイズなどでチームの日本一に貢献した。

 西田は「球団からは『トレードでやってきて1年間よくやってくれた』と言っていただき、ポストシーズンでの活躍を評価していただきました」と笑顔で語った。そして「1年を通じて成長できたシーズンだったと思うし、終盤からクライマックスシリーズ、日本シリーズと自信を持ってプレーできました」と胸を張った。

 来季の目標については「今年できなかったリーグ優勝と日本一に向けて、与えられたポジションでチームに貢献したい。その中でレギュラーを狙っていけたらと思う」と意欲を見せた。ただ、「具体的にどこのポジションということではなく、全ポジションいけるようにしたいし、今年のように抜けた選手の穴を埋められるような大事なピースになっていければ」と遠慮ぎみ。「(工藤)監督からは『そんな考えじゃだめだ』と言われてるんですけどね」と笑いながらも、「僕らの年齢がもっともっと(ベテラン選手を)突き上げていかないと」と強い気持ちも口にした。

 楽天在籍時にもチームは日本一になったが「あの時は試合に出ることもできなかった」と、移籍後の大きな成長を自ら喜んだ西田。「強いホークスの一員でありたい」と、来季も1軍に欠かせないピースとして存在感を示していくつもりだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)