ホークス塚田、50万円増の1200万円で更改「左投手なら塚田と言われるくらいに」

©株式会社Creative2

契約更改に臨んだソフトバンク・塚田正義【写真:藤浦一都】

来季の1軍定着を目指し「もっと笑顔で会見できるように頑張ります」

 ソフトバンクの塚田正義外野手が50万円アップの推定1200万円でサインした。

 今季は25試合に出場して打率.270、3本塁打、6打点の成績を残した。いずれも自己最多の数字で、球団には「バッティングを評価してもらいました」と語る。しかし、交流戦以降は1軍に定着できず、悔しさも味わった。

 来季に向けて「『左投手なら塚田』と言われるくらいになれるように頑張りたい」と気合十分。そのためにも「相手投手の配球や球の質をイメージして打席に入り、自分のイメージ通りに打てるようにしていきたい」とビジョンを語った。

「春のキャンプはかなりきついと聞いているので、音を上げないようにしたい」と、オフは石垣島で自主トレを行い、しっかり準備をして臨むつもりだ。

 最後に「ずっと上(1軍)でプレーでして、数字的にはすべてにおいて今年を上回れるようにしていきたい。そして、来年はもっと笑顔で(契約更改の)会見できるように頑張ります」と目標を掲げた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)