桂文枝&ユースケ・サンタマリア、「BRIDGE」で井浦新と心通わせる技術者役!

©株式会社東京ニュース通信社

2019年1月15日放送のフジテレビ系「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995 1.17神戸」(午後9:00=関西テレビ制作)に桂文枝とユースケ・サンタマリアが出演することが分かった。

1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後に起こった実話のドラマ化で、線路ごと崩落したJR六甲道駅高架橋を“ジャッキアップ”という奇抜な工法を使い、わずか74日間で復旧させた建設会社の人々の姿を描く。工事所長・高倉昭を井浦新が演じるほか、野村周平、葵わかな、佐藤隆太、椎名桔平らが出演する。

桂文枝が演じるのは、阪神・淡路大震災の19年前にJR六甲道駅を作った江戸川正央。現役時代は後輩の高倉を殴りつけることもあった厳しい男だったが、その仕事は丁寧かつ確実で、六甲道駅高架橋も頑強に作られていた。しかし、震災によってその六甲道駅は無残な姿に。変わり果てた駅を前に、現役の高倉から復旧工事について相談された江戸川はただ一言「年寄りが口を出すのは無作法や」と、背を向けて去ってしまう。

井浦との共演に「男らしく、また、繊細で、いかにも工事現場の所長という風情を出されていて『さすが、役者さんは違うなぁ』と感心いたしておりました。大河ドラマの時からファンでしたので、ご一緒出来てとてもうれしかったです」と喜び。

一方、ユースケ・サンタマリアが演じるのは、宮城県沖地震で被害を受けた東北新幹線の高架をジャッキアップで修復した実績を持つJR東日本の技術者・玄能美能留。鉄道工事技術界の最高峰に位置する人物でありながらも、物静かな中に技術者としての信念とプライドがあり、その点で高倉と通じ合うものがあるという役どころだ。

井浦の印象について「彼は若松孝二監督の現場とか、いろんなすごい現場も経験しているでしょ。そういう修羅場をくぐっている人って雰囲気が違うんですよ。俳優だけじゃなくて、モデル・ファッション・美術とかいろいろなものに精通しているのに、役者としても一級品という、だから彼のやっていることが好き」と尊敬している。