吉川愛が深田恭子の恋のライバル!?「初めて恋をした日に読む話」で女子高生役

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2019年1月期放送の連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜午後10:00、開始日未定)に若手注目女優の吉川愛が出演することが決まった。主人公の予備校講師の春見順子(深田恭子)に思いを寄せる不良高校生・由利匡平(横浜流星)を追い掛けて、予備校に通うことになる女子高校生の“エトミカ”こと江藤美香役を演じる。「原作を読ませていただいて、ラブコメですごくかわいくて面白い作品だなと思いました。エトミカは原作でもドラマの中でも、いちずでかわいいけど心(しん)は強い女の子です。演じられることが本当にうれしかったです。エトミカの良さをたくさん出して、女性の皆さんにも共感してもらえるように頑張ります」と役どころをアピールしている。

ドラマは持田あき氏による同名漫画を原作に、人生何もかもをしくじっている超鈍感なアラサーの予備校講師・順子が、クールかつエリートのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)、東大合格を目指す匡平、高校教師の山下一真(中村倫也)というタイプの異なるイケメン3人から一挙にアプローチされるラブコメディー。

美香は合コンで出会った匡平を好きになり、追い掛けて順子が働く予備校に通うようになる役どころ。美香の友人の今井桃役を加藤小夏、田島さくら役を黒崎レイナが演じることも決まった。

加藤は「『君は坂道の途中で』など小学生の頃から持田あき先生の作品を読ませていただいていました。もちろん『初めて恋をした日に読む話』も読んでいたので、桃役として関わらせていただけることがとても感慨深いです」と原作ファンであることを明かしており、黒崎も「持田あき先生の作品に携わることができ、とてもうれしいです。精いっぱい楽しくフレッシュでキラキラな女の子を演じさせていただきます」と意気込んでいる。