沖縄県、工事会社立ち入り検査へ

辺野古の土砂搬出で知事

©一般社団法人共同通信社

沖縄県の玉城デニー知事

 沖縄県の玉城デニー知事は4日の県議会で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、民間会社の桟橋設置工事の完了届がないまま防衛省が桟橋から土砂搬出を始めたことに関し、桟橋を設置した「琉球セメント」を立ち入り検査して事実関係を確認する考えを示した。

 届け出がないまま桟橋を使用したことについて「甚だ遺憾だ」と重ねて表明した上で、「検査の結果を踏まえ、県の規則や条例に基づく対応を検討する」と述べた。

 上原国定土木建築部長は答弁で「搬出は県の管理規則に違反しており、施設の使用停止と立ち入りを求めた」と説明した。