NY株急落、799ドル安

下げ幅過去4番目、金利を意識

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米国の景気後退と米中の貿易摩擦に対する懸念から急落し、前日比799.36ドル安の2万5027.07ドルで取引を終えた。1日の下げ幅としては過去4番目の大きさだった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は283.08ポイント安の7158.43。

 米債券市場で金利が「景気後退の予兆」とされる動きを示し始め、ダウの下げ幅は一時820ドルに迫った。

 4日は10年債の利回りが2.9%前後と、2年債の2.8%前後に接近。市場では10年債と2年債の利回りが逆転すると景気後退が近いと言われている。