通販トラブル注意を

消費生活センターが大谷室蘭高で出前講座

©株式会社室蘭民報社

寸劇で通販トラブル防止法を学んだ大谷室蘭高での出前講座

 北海道大谷室蘭高校で4日、3年生121人を対象にした室蘭市消費生活センターの消費生活出前講座が開かれ、生徒は寸劇や講話を通して通販トラブルや消費者被害の防止方法を学んだ。

 来春進学・就職する生徒に向け、消費者被害の未然防止を図るのが狙い。生徒有志による寸劇では、ネットショッピングで商品を購入したら写真と異なる劣悪な物が届き、連絡先にも電話がつながらなかった事例を紹介。同センターの職員は「通信販売はクーリングオフが適用されない。返品交換の条件や支払い方法、送料や振込先口座などを見て、その会社が信頼できるかどうか確かめて」と注意を呼び掛けた。

 出前講座ではこのほかクレジットカードや架空請求詐欺についての注意点を説明。生徒らは真剣な様子で聞いていた。
(北川誠)