ハム西川、2年4億円+出来高でサイン 一問一答「打ち過ぎ、走り過ぎはない」

©株式会社Creative2

契約更改に臨んだ日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

1億6000万円からアップで初の複数年契約「常にキャリアハイを目指して」

 日本ハムの西川遥輝外野手が5日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の1億6000万円からアップの2年総額4億円プラス出来高でサインした(金額は推定)。

 プロ8年目の今季は、140試合に出場して528打数147安打48打点10本塁打44盗塁、打率.278の成績を残した。2年連続で盗塁王とゴールデングラブのタイトルも獲得した。

 主な一問一答は次の通り。

――球団の評価を聞いて感じたことは。

「初めての複数年(契約)。2年でやるということで、年俸に見合った実力を出さなきゃいけないなと思いました」

――球団に何か伝えたことはあるか。

「いろんな話はしました。僕の場合、好きにやらせてもらっているので、何一つ文句はないです。ただ、若い子たち、伸び悩んでいる子たちをサポートして、チームがいい方向に進むように、何かできることをやっていけたらという話はしました」

――どういう形でサポートしたいと考えているか。

「それは球団との話し合いで。僕があまり言い過ぎても良くないと思うので、求められたことは何でもしようと思いますし、一緒になって考えたいなと。僕が若い時には稲葉(篤紀)さんに相談させてもらえましたし、そういう風に相談されるようにならないといけないと思います。そうやってチームが前に進んでいけるのがいいかなと思います」

打撃は「3割打てるにこしたことはないし、それを目標にしなくても打てるように」

――今季を振り返って、手応えを感じた部分は。

「大きなけがなくシーズン通してできたのが一番良かったのかなと思います。タイトルに関しても最後の方は狙って獲れたので、また来年、再来年と続けてやっていきたいです」

――キャリアハイの44盗塁という数字についてはどう感じているか。

「そこについてはあまりこだわりないですけど、チームが勝つために、数を増やせばいいのか、アウトにならない方がいいのかで変わってくるので、その点は監督と話し合って、来年の方向性を出していければなと思います」

――打撃については来季どう考えているか。

「3割打てるにこしたことはないし、それを目標にしなくても打てるようになれたらいいなと思っています」

――オフの練習で考えていることは。

「スタートダッシュがすごく悪いので、その点は改善していけたらなと思います。そのために何か変えなきゃいけないと思うけれども、それはまたゆっくり考えながらやりたいなと思います」

――来季はどんな1年にしたいか。

「常にキャリアハイを目指して。打ち過ぎ、走り過ぎということはないので、そう言わせるぐらいの成績を残せたらなと思います」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)