韓国と北朝鮮、2月IOC訪問か

32年夏五輪、共催の意向伝達

©一般社団法人共同通信社

 【光州共同】韓国の聯合ニュースは5日、2032年夏季五輪を韓国と北朝鮮との共催で誘致したいとの意向を国際オリンピック委員会(IOC)に伝えるため、南北の代表団がスイス・ローザンヌのIOC本部を来年2月中旬に訪問する可能性があると報じた。韓国文化体育観光省関係者の話としている。

 聯合によると、IOCのバッハ会長が2月15日のIOC本部訪問を希望したといい、今後北朝鮮側と日程について協議する予定。都鍾煥・文化体育観光相と北朝鮮の金日国体育相らが代表団に加わるとみられ、訪問時に、東京五輪開会式での合同入場行進や合同チーム結成なども議論される可能性があるという。