余命ゼロの女子高生の青春…永野芽郁×北村匠海『君は月夜に光り輝く』特報公開

©株式会社シネマトゥデイ

『君は月夜に光り輝く』ポスタービジュアル

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の永野芽郁、映画『君の膵臓をたべたい』の北村匠海がダブル主演を務める『君は月夜に光り輝く』(2019年3月15日公開)の特報が公開。不治の病に侵された女子高生と、彼女が叶えることのできない願いを代行する同級生の切ない交流が切り取られている。

【動画】永野芽郁×北村匠海ダブル主演『君は月夜に光り輝く』特報

 累計発行部数30万部を突破する、佐野徹夜のデビュー作で第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)を受賞した同名小説に基づく本作。朝ドラ後、初の映画出演となる永野が、死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”に侵された少女・渡良瀬まみずに。病院から出られない彼女の願いを“代行体験”という形で叶えていくクラスメイトの岡田卓也に、北村がふんする。

 特報は、まみずが「わたしがしたいことを代行してほしいの」と、卓也に願いを託す場面から幕を開ける。卓也がまみずの願いを実行し報告するたびに、距離が近づいていく2人。そんな幸せそうな様子から一転して卓也が涙を流す場面もあり、哀しくも美しい青春模様に魅了される。メガホンをとるのは、『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』など青春映画の名手として知られる月川翔。(編集部・石井百合子)