【コパ・デル・レイ】バルサとアトレティコが順当に次ラウンド進出 ビジャレアルは大量8得点

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

控え組が躍動したバルセロナ

スペインクラブの頂点を決めるコパ・デル・レイの4回戦2ndレグがミッドウィークに開催。5連覇を目指すバルセロナが3部のクルトゥラル・レオネサと対決した。

1stレグを1-0で勝利しているバルセロナ。前回同様リオネル・メッシやジェラール・ピケを完全休養とし、ケガから復帰したトーマス・ヴェルメーレンや先日トップチーム登録を果たしたカルレス・アレニャがスタメンで出場した。ベンチに甘んじている機会が多い選手たちにはアピールの場となった今試合で、輝きを放ったのが今夏に残留を決意したデニス・スアレスだった。1点リードした状況で狙い澄ましたミドルシュートを決めると、後半に入って2得点目を獲得。2試合合計5-1としたバルサが5回戦進出を決めた。

アトレティコを含めた1部クラブが続々と次ラウンド進出を決める。

1stレグで1-0と勝利したアトレティコ・マドリードは、本拠地ワンダ・メトロポリターノにサン・アンドレウを迎えた。アントワーヌ・グリーズマンがスタンド観戦となったアトレティコは、前半は攻め込まれるものの後半に本来の力を発揮する。トマ・ルマールのゴールを皮切り大量4得点をゲット。2戦合計5-0と完勝してベスト16を果たした。またアルメリアと対戦したビジャレアルは、リーグ戦不調の鬱憤を晴らすかのようにゴールショーを披露。カール・トコ・エカンビの4得点を含む圧巻の8ゴールを叩き出し、次のステージへ駒を進めた。