米軍機2機墜落で2人救助 岩国所属、計7人搭乗

©株式会社中国新聞社

 6日午前1時40分ごろ、高知県の室戸岬から南約100キロの太平洋上で、米海兵隊岩国基地(岩国市)所属の空中給油機KC130とFA18戦闘攻撃機が訓練中に接触し、墜落した。2機には計7人が搭乗しており、うち2人を自衛隊が救助した。空自と海自、第5管区海上保安本部(神戸)などが不明者の捜索を続けている。政府によると、最初に救助された1人の容体は安定しており、もう1人の容体は確認中としている。

 米海兵隊によると、KC130には5人、FA18には2人が搭乗していた。岩屋毅防衛相は6日朝、国会内で記者団に対し、最初に救助された1人はFA18の乗員だと明らかにした。不明となっている乗員については「捜索、救助に全力を挙げたい」と述べた。米側には情報提供を求めており、「事故は遺憾だ」とした。

    ◇

 岩国市の福田良彦市長は6日、米軍岩国基地(岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機1機とKC130空中給油機1機が同日未明に高知県沖で墜落した事故について「事故原因が明らかになるまで航空機の運用を見合わせるよう」求める考えを市議会本会議で示した。また、議会の開会直前に岩国基地のリチャード・ファースト司令官から電話で連絡があり遺憾の意を伝えたと説明した。

 山口県の村岡嗣政知事は報道陣に「大変遺憾に思う」と述べ、中国四国防衛局を通じて米側に原因究明と再発防止の徹底を口頭で要請したと説明。「まずは事故を起こしてくれるなと厳しい態度で求めていきたい」とした。飛行停止要請については「一つの方法としてあるかもしれない」と述べるにとどめた。