コイヘルペス不届け疑い、新潟

養鯉業者を書類送検

©一般社団法人共同通信社

 販売用に養殖していたコイがコイヘルペスウイルスに感染していたと知りながら届け出なかったとして、新潟県警は6日、持続的養殖生産確保法違反の疑いで、同県魚沼市に住む80代の養鯉業の男性を書類送検した。県警によると、同法違反容疑での摘発は全国初としている。

 送検容疑は6月中旬、養殖のニシキゴイ2匹のコイヘルペス感染を知りながら県知事に届けなかった疑い。容疑を認め、「風評被害を避けたかった」などと話している。

 県警によると、男性は購入客から「一緒に飼育するコイの動きが悪い」との指摘を受け、売れ残ったコイを検査して感染を確認した。