野水伊織:妖怪柄のワンピースでJホラー熱弁! 映画「来る」は「ハイブリッドな作品」

©株式会社MANTAN

大須万松寺で行われた映画「来る」の公開記念トークショーに登場した野水伊織さん

 大のホラー好きで有名な人気声優の野水伊織さんが5日、大須・万松寺(名古屋市中区)で行われた、映画「来る」(7日公開、中島哲也監督)の公開記念トークショーに、妖怪柄のワンピースで登場した。ホラー映画に詳しい野水さんは、“Jホラー”と“海外ホラー”の違いについて語り、「来る」は「トラディショナルなJホラーの原点回帰でありつつも、海外のエンタメチックな要素も取り入れているハイブリッドな作品」とホラー好きならではの見解を熱弁した。

 イベントは、映画「来る」の公開を記念して3部構成で開催された。澤村伊智さんによる原作小説「ぼぎわんが、来る」の世界観を読み解くトークセッションと、怪談師による原作の一部を抜粋しての朗読会、映画プロデューサーによる解説が行われた。

 野水さんは原作シリーズに登場し、映画では松たか子さん、小松菜奈さんが演じる霊媒師の姉妹・比嘉琴子と真琴がアニメになったら、どんな声で演じるか聞かれ「琴子は大和撫子タイプなので透明感のある声、真琴はけだるそうなハスキーな声で演じたい」と演技プランを語った。

 この日は、野水さんのほか、映画「来る」の西野智也プロデューサーら4人が登壇。西野プロデューサーは「『エクソシスト』と『シャイニング』×中島哲也監督というのを指標に作りました。『めちゃくちゃ怖かった』『めちゃくちゃ笑った』という、どちらの感想もあると思います!」と作品への手応えを話した。

 映画は、名前を呼んではならない“あれ”に狙われた人間の心の闇を描くホラーエンターテインメント。オカルトライターの野崎(岡田准一さん)の元に、田原(妻夫木聡さん)が訪れ、身の回りで最近、怪異な出来事が連続して起こり、妻の香奈(黒木華さん)と幼い一人娘に危害が及ぶことを恐れていると相談する。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢の真琴(小松さん)と共に調査を始めるが、田原家に憑(つ)いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった……というストーリー。