きらめく稲穂 イルミネーション彩る 河内・水と緑のふれあい公園

©株式会社茨城新聞社

稲穂などに見立てたイルミネーションの中を歩く子どもたち=河内町長竿、鹿嶋栄寿撮影

冬の公園に光り輝く稲穂のイルミネーション-。河内町長竿のかわち水と緑のふれあい公園で「かわちイルミネーション」(同実行委員会主催)が始まり、豪華で美しい電飾が家族連れなどを魅了している。来年2月16日まで。

町によると、イルミネーションの開催は初めて。使用した発光ダイオード(LED)ライトは約20万個で、公園内の木々や橋などが青や白、緑など多彩な電飾で彩られている。

稲穂の形をしたものや約3メートルに巨大化させた町のイメージキャラクター「かわち丸」のイルミネーションが楽しめる。点灯時間は午後5時から同9時まで。(松原芙美)