石田ゆり子、石灰性腱炎で人生最大の激痛「人の痛みがわかる人になりたい」

©メディアシンク株式会社

インスタグラム:石田ゆり子(@yuriyuri1003)より

女優の石田ゆり子(49)が自身のインスタグラムを更新し、”人生史上最大の激痛”に苦しんでいたことを明かした。

映画『マチネの終わりに』の撮影のため、パリ、ニューヨークなどで長期ロケを行っていたことを明かした石田。1日にはクランクアップしたことを報告していたが、3日にアップしたポストでは、「いやはや。 クランクアップの翌朝から なぜか私の右肩に激痛が」とつづりつつ、苦痛に顔をゆがめて右肩を動かしつつ、愛猫の「たび」を撫でる自身の動画を公開した。

石田は症状について「なにをしていても痛い、 なにもしなくても痛い、 こんなことって!! 人生史上最大の激痛に 苦しむ2日間でした」と語り、「病院に行った結果 えーと、なんでしたっけ、 石灰性腱炎、という診断でした。とにかく痛い!痛い!」と告白。現在は薬で治療しているとのことだが、「痛みというものがどれだけ人から笑顔を奪うものか、実感しました。人の痛みがわかる人になりたいとほんとうに思います」と切実につづっている。

この投稿に対し石田のインスタグラムには、「ハードワークで疲れちゃったんですかね?お大事に…!」「クランクアップ後に症状が出るゆり子さんのプロ意識本当にすごい!」「それは辛いですね…ご自愛ください」といった多く寄せられていた。