500万円横領容疑で男逮捕 木材業者組合の元経理担当 松阪署 三重

©株式会社伊勢新聞社

 【松阪】三重県の松阪署は6日、業務上横領の容疑で木材業者でつくるウッドピア市売協同組合(松阪市木の郷町)の経理担当職員だった同市久保町、派遣社員平田要容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月13日から7月5日までの間、同市内の金融機関で同組合の総合口座から複数回にわたり払い戻した現金合計500万円を着服し、横領した疑い。「遊興費に充てた」と容疑を認めている。

 同署によると、同組合から9月下旬に相談があり、11月26日に被害届が出された。職員は9月25日に懲戒解雇された。同署で余罪を調べている。