韓国ポスコ鋼板、高級カラー鋼板専用工場を竣工

年産6万トン

©株式会社鉄鋼新聞社

 韓国ポスコ鋼板はこのほど、年産6万トン規模の高級カラー鋼板専用工場を増設した、と発表した。5日には浦項市内で同工場の竣工式を開催。同社は、今回の新工場竣工に伴い、カラー鋼板の生産量を40万トンまで増やし、溶融亜鉛めっき鋼板60万トンを含め年産100万トン規模の鋼板メーカーとなった。

 新工場は、4回のコーティング、6回の印刷を経て自然に近い色とリアルな質感を示すことができるという。また、揮発性有機化合物が発生しない塗料を使用するため、環境にも優しくなる。同社は物体の輪郭をはっきりと示せる紫外線硬化製品も生産するため、高級家電製品や室内装飾用建材にまで用途が拡大できると期待している。このほか、板幅1600ミリ、板厚3ミリまで生産できるため、大型オフィスビルのパネル、ガードレール、土木用波形鋼管などの需要にも対応できるとしている。