昼すぎから荒れ模様

胆振地方・吹雪、吹きだまりに注意を

©株式会社室蘭民報社

 発達した低気圧が7日夕にかけて、北海道付近を通過する影響で、胆振地方では、昼すぎから風と雪が強まる見込み。室蘭地方気象台は、吹雪、吹きだまりによる交通障害と高波に十分注意するよう呼び掛けている。

 予想最大瞬間風速は12メートル。8日正午までの24時間降雪量は20~25センチ。昼すぎ以降の波の高さは3メートル。予想最高気温は2度。

 同気象台の担当者は「7日は暴風(暴風雪)の警報が出る可能性は低くなった」が、「高波と大雪注意報は発令の恐れがある」と予想。

 あす8日、同地方は冬型の気圧配置となり風と雪は弱まる見込み。予想最大瞬間風速は10メートル。予想降雪量は5センチ。きょう7日に比べると天候は穏やかになりそうだ。 (鈴木直人)