倉木麻衣が「名探偵コナン」で声優初挑戦!「あの新一が私としゃべっている!」

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で2019年1月5、12日に2週連続で放送されるアニメ「名探偵コナン 2週連続1時間スペシャル 紅の修学旅行~鮮紅編・恋紅編~」(両日共に午後5:30、通常放送は土曜午後6:00=読売テレビ制作)に、歌手の倉木麻衣が本人役でゲスト出演することが決まった。声優初挑戦となった倉木は「ついに来た~という思いで、とてもうれしかったです。長年にわたって作品の一部として楽曲を手掛けさせていただいて、ファンの方から『主題歌だけじゃなく、アフレコにも挑戦してみたら?』と言われていたので、今回はその夢が実現できて、とてもうれしく思いました」と喜びを明かしている。

同アニメは、謎の組織によって幼児化させられた高校生探偵の工藤新一(声・山口勝平)が小学生の江戸川コナン(声・高山みなみ)と名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していくストーリー。今回のスペシャル「紅の修学旅行」では、同級生の毛利蘭(声・山崎和佳奈)や鈴木園子(声・松井菜桜子)たちと修学旅行で京都にやって来た新一が、母・有希子(声・島本須美)の友人で女優の鞍知景子が出演する映画の関係者が次々とてんぐ姿の何者かに襲われる事件に巻き込まれる。

倉木はヒット曲「Secret of my heart」など、これまでにテレビ版の楽曲を19回、劇場版主題歌を4回手掛けており、ギネスの「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」にも認定されている。今回のスペシャルでも書き下ろし新曲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」を主題歌に提供している。

「高校の時に演劇部に入っていて、その時のことを思い出しながらトライした」という人生初のアフレコは、「アニメの口に合わせてせりふを言っていくので、そのタイミングはまた歌の時とは違いましたが、想像以上にうまくできたので、すごく満足しています(笑)」という納得の仕上がりになった様子。

また、劇中では新一と会話を交わすシーンもあったようで、「『あ~、あの新一が私としゃべっている!!』って感動しっぱなしでした。最後、ちらっとコナンくんとも近づく瞬間があるんですけど、今度また倉木麻衣としてコナンくんと違ったシチュエーションでアフレコにチャレンジしてみたいと思いました」とアピール。さらに、「今回はなんと、私も待っていました!っていう新一と蘭ちゃんの恋模様の進展もあります。皆さん、ぜひお見逃しなく」と見どころを語っている。