バンペイユ風呂「いい香り」 八代市・日奈久温泉

©株式会社熊本日日新聞社

バンペイユ風呂を楽しむモデルの女性や子どもたち=八代市

 日奈久温泉(熊本県八代市)の初冬の名物「バンペイユ風呂」が始まるのを前に7日、旅館金波楼でお披露目会があった。ぷかぷかと浮かぶバンペイユから甘酸っぱい香りが浴室に漂っていた。

 世界最大のかんきつ類として人気が高い特産品のバンペイユを温泉と一緒にPRしようと、日奈久温泉旅館組合が毎年企画し、19回目。今年は9日から1月末まで8軒の旅館やホテルで実施する。

 お披露目会では、モデルの女性や子どもたちがお湯に浮かんだ直径20~25センチのバンペイユを手にしたり、抱きかかえたりして、「いい香り」と笑顔を見せていた。

 松本啓佑組合長(38)は「肌がすべすべになり、香りによるリラックス効果もある。豪華な風呂を楽しんでほしい」と話している。

 入浴料は350~500円。日奈久温泉観光案内所TEL0965(38)0267。(福田寿生)