ハンド女子、3大会連続決勝へ

アジア選手権

©一般社団法人共同通信社

日本―中国 前半、ゴールを決める横嶋=熊本県立総合体育館

 ハンドボール女子のアジア選手権第6日は7日、熊本県立総合体育館で準決勝が行われ、1次リーグでA組1位の日本はB組2位の中国を23―21で破り、3大会連続の決勝進出を果たした。9日の決勝で4大会連続優勝を狙う韓国と対戦する。

 相手に主導権を握られながらも前半を11―11で折り返すと、後半は粘り強く守りながら得点を重ねて終盤に逆転した。

 準決勝のもう1試合はB組1位の韓国がカザフスタンを31―23で下した。