PD1発見「人類に大きな前進」

ノーベル医学生理学賞選考委員長

©一般社団法人共同通信社

インタビューに答えるノーベル医学生理学賞の選考委員長を務めたカロリンスカ研究所のアンナ・ベデル教授=7日、ストックホルム(共同)

 【ストックホルム共同】ノーベル医学生理学賞の選考委員長を務めた、スウェーデンのカロリンスカ研究所のアンナ・ベデル教授が7日、共同通信のインタビューに応じ、本庶佑・京都大特別教授(76)の成果について「全く新しいがん治療法で、人類にとって大きな前進だ」と評価した。

 本庶さんのチームは、免疫機能のブレーキ役を担うタンパク質「PD1」を発見し、がん治療薬の開発につなげた。ベデルさんは「自分の体に備わった免疫の力を利用する治療で、転移したがんに対しても効果が期待できる」と指摘。「さまざまな種類のがんに苦しむ、多くの患者の助けになった」と述べた。