入管難民法改正案、参院法務委で可決強行

©一般社団法人共同通信社

 参院法務委員会は8日、在留資格を新設して外国人労働者受け入れを拡大する入管難民法などの改正案を与党などの賛成多数で可決した。与党側が採決を強行した。