産油国、120万バレル減産へ

半年間、石油価格上昇も

©一般社団法人共同通信社

7日、ウィーンのOPEC本部にあるロゴ(ロイター=共同)

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)の加盟国とロシアなどの非加盟国は7日、2019年1~6月も原油の協調減産を続け、日量120万バレルを減らすことで合意した。10月時点の世界全体の産油量の約1.2%に当たる。

 17年から供給抑制で協力してきたが、世界経済の減速懸念が広がって需要の落ち込みが見込まれる中、価格下支えのため減産が必要との認識で一致。日本の消費者にとっては、ガソリンや灯油など石油製品の値上がりにつながる恐れもある。

 主要産油国が7日、ウィーンで開いた閣僚級会合で決めた。